春のすごしかた⑤


毎年3月に向かう場所があります。

墨俣城のほど近くのお寺。

光受寺です。

そこには1本の、それはそれはかぐわしい梅の木が植わっています。


梅の精は美人にて 松の精は翁なり 

と夏目漱石は言いました。

この色、匂い、立ち姿。。。本当に今にも美しい精が現れるが如く。

3月になるとこの梅の姿を見に行きたくて、満開の知らせを心待ちにしているのです。


今日 3月11日。


梅は満開でした。


今年もこの梅を見られることに、

元気でいられることに、
奇跡を感じずにはいられません。

植物は地に根をはり、周りにどんなことが起きようとも泰然と存在し続ける。


七十二候 桃始笑(ももはじめてさく)


笑く=咲く と表現したところに

感受性の奥行きを感じます。

花の咲く様は ふふ とほころんでいるようです。それを見ている私たちも自然と顔が緩みますね。

自然の持つ力に呼応して

からだも変化します。

そのことをつぶさに感じていたい。


梅に桜、菜の花、チューリップ、これから野に山に花が咲き乱れます。

美しい花を見に行くのも楽しい季節です。

どうか存分に春の息吹を感じてください。


ひとつ注意すること。


決して皮膚を外気にさらさないこと。


春の空気に誘われて一気に薄着にならぬようご注意くださいね。

梅雨明けまでは

外気温が上がろうとも油断は禁物。

首・腕・足 必ず布で覆ってください。

春のそよ風は心地良いですが、自律神経を傷めることがあります。

毎年梅雨時に体調を崩す方は、春風とのつきあい方を見直すと良いです。


私も今日しっかり防寒で出かけました。

ストールぐるぐる巻きです。


首という首を守るべし。です。


菊川美容健康道場

10年後20年後も輝くあなたでありますように 菊川は「予防美学」の理念のもと健やかで美しいからだづくりのお手伝いをいたします 髪・体・肌 美容と健康に関するトータルメンテナンスサロン